交通事故を起こさないために

自動車を運転するに当たって、交通事故を起こさないことが一番重要なことです。
特に自動車は人を殺すことのできる凶器です。
しかし毎日のように自動車を利用していると、そんなことも忘れて便利な道具としか思わなくなってしまっているのではないでしょうか。
そこでもう一度交通事故について考えてみましょう。

まず事故を起こさないためには、速度を抑えることが重要です。
つい加速して遅い車を追い越したり、車の少ないところを飛ばしてしまうことが事故を引き起こす原因になります。
スピードは控え目にして車間距離をしっかりとりましょう。

次に回りの状況を確認することです。
どんなときでも確認を怠らないという姿勢が重要です。
そこまでする必要はあるのかと言われそうですが、そこまでする癖をつけることが重要なのではないでしょうか。
次にすぐに切れないことです。
運転をしていると切れてしまいそうになる車にも出会います。

自分のスピードリズムと合わないだけでも、腹立つこともあるかも知れません。
しかし運転中は天使のように優しくおおらかな気持ちでいることが肝心です。
それこそが事故を起こさない方法なのです。
またどんなに追い上げられても、自分のペースは崩さずに走ることです。

ただし、あまりゆっくり運転は他の車の事故を招くこともあるので、法定速度以下の走行は避けたいものです。
そしてもし法定速度までもスピードを出すことが怖い場合は、運転に適していないということも考えられます。
体調が悪かったり、年齢的なものかも知れません。
そんなときには車に乗らない勇気も必要ではないでしょうか。



[注目情報]
交通事故の発生から賠償金の支払い、示談の成立まで解説している法律事務所のサイトです ... 交通事故 賠償金